忍者ブログ
医師不足は避けられますか? 国は何をし、地方はどうしたら良いですか? 医師はどうすべきで、患者は何を求めますか?
[46] [45] [44] [43] [42] [41] [40] [39] [38] [37] [35]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

我々は福島大野病院事件で逮捕された
産婦人科医師の無罪を信じ支援します

あれから2年が経ちます
多くの医療系ブログでこの件に対しエントリーされています
その皆さんと同じ気持ちで、私も去年に続き記事を書きます
少しでも、医療従事者以外の心にも、我々の声が届きますように

同じ産婦人科医として、この逮捕はいつ我が身に降りかかるかもしれない事件として
心に刻まれました
医療は絶対ではない事、不確定要素を含み
なし得る最善の治療をしたとしても、患者の状態が快方に向かわない
その事を噛みしめながら日々臨床に当たります
もう少し何かできたのではないか、もっと早く介入できたのではないか
そうすれば患者さんの状態はもっとよくなったのではないか

その振り返りを繰り返し、次の患者さんの診療に当たる毎日です

ですが、そのフィードバックをいかに繰り返しても
避け得ない突発的なアクシデントは、医療には存在します
それを後方視的に非難し、結果論で責めたてる事は非常に簡単です
ですが、それを心ある医療従事者は決して行いません
それが明らかな過失、未熟な技量によるものなら改善の余地はありますが
そうでないならば、その非難は自己満足以外の何も生み出さないからです

産婦人科において一人科長で地域の周産期医療を担う事は
心身ともに大きなストレスとなります
365日24時間on callである事が当たり前
年に200例の分娩が全て上手くいって当たり前
当り前である事が、当り前でない事に気付いてもらえない地域でも
期待に応える責務のみ担わなければいけない、そのストレスは
地域から医師が逃散する大きな理由となります

医師は数々の場面で、その役割を担うに足るかどうか試されます
初めて一人で分娩を取る時、初めて産直に出る時、初めて帝王切開を行う時
初めて一人科長を任される時
それぞれの場面で、ある一定の技量に達したと認められ、次のステップに進んでいきます
それを任されるのはそれまでの背景となる診療と、診てきた患者さんがいるからです

その場面で状況を任された医師が
突発的なアクシデントに遭遇し、結果として不幸な転帰となった時
その医師を責めたてる事は、その場面に遭遇する状況を結果として生み出した
システムの問題を無視し、個人の責任に帰結する乱暴な議論です
人手が足りないのは、その個人の責任ではありません
応援がすぐに駆け付けられない状況は、その個人の責任ではありません

一人が、その状況で出来得るベストな診療を尽くした時
周囲がその個人を責めたてる事は、安全地帯から非難しているだけです
その立場に立った時、その個人以外の誰しも別の方法で患者を救命しうると言うならまだしも
その立場に誰が立ったとしても、避けえない結果であると思うのが今回の事件です

一人の医師が地域の周産期医療を担っていました
そして予期し得ないアクシデントに遭遇しました
医療従事者は医療ミスではないと言いました
マスコミは医療ミスだと騒ぎました
地域の周産期医療を守っていた医師が逮捕されました
他の産婦人科医も、明日は我が身と恐怖を覚え地方から去って行きました
地域の周産期医療を守ってきた産婦人科医は去りました
たった一人の産婦人科医の逮捕に、全国の産婦人科医が反応しました
その逮捕された産婦人科医は、明日の自分だからです

ミスを犯していなくても逮捕される、そんな前例が2年前に生まれました
それが特殊なケースであるならば、全国の産婦人科医は自分の事とはとらえません
その産婦人科医はかつての自分であり、今の自分であり、明日の自分であるかもしれない
そう思うからこそ、全国の産婦人科医が反応しました
ですが、それをマスコミはわかりません。非医療従事者はわかりません

「医療ミスがないならば、なぜ死んだ」

そう問いかけられた時、私は絶望感を覚えます
昨日の、今日の、明日の私が、あの時逮捕されていたかもしれません
だからこそ、理解し合えない現状に絶望感を覚えます

必要なのは訴え続ける事です
わかってもらえるまで、訴え続けます

あの時逮捕された医師は間違った事をしていません
一産婦人科医の私はそう訴えます
そして全国の産婦人科医がそう言っています
どうか、どうかその意味を皆さん考えてみてください

我々は福島大野病院事件で逮捕された
産婦人科医師の無罪を信じ支援します

PR

コメント
同感です
まことに先生の書かれたとおり、彼の姿は過去か現在か未来の我々自身の姿です。彼が有罪とされるなら、我々も有罪となります。すべての産婦人科医が同じです。

いや、侵襲的治療を行うすべての医師が、彼と同じ立場にあるのです。
【2008/02/20 12:37】 NAME[山口(産婦人科)] WEBLINK[] EDIT[]
今話題の水素水
H4Oは今話題のアンチエイジングにおいて注目されている水素結合水!
【2008/05/15 18:44】 NAME[H4O] WEBLINK[URL] EDIT[]
難しい問題ですね
私は産婦人科で看護師をしています、この問題は難しいですね!その場にいたスタッフ家族へのインフォームドコンセント、検察側の見解、複雑だと思います。私が働いてた病院では、夜勤帯准看護師一名で女医一名(副医院長)で院長は外出先で飲酒してました、その時以前から流産を繰り返しやっと妊娠した妊婦さんが陣痛がつき胎胞が見えた時は女医が人工ハマクしたのですが児頭は無く慌てて女医が内診したところ肘関節まで膣口から手を入れた時は顔面がショクチされ心音が乱れ始めました大学へ搬送予定が院長不在で搬送出来ず次第に心音が悪化院長が帰院したときは飲酒していた為家族に説明できず隠れていました。それから大学病院に連絡し搬送しましたが、胎児死亡で母体は助かりましたが医療事故だったと私は見解しています、なぜならば過失が存在するからです。人員不足だった!大学までの搬送にかなりの時間を有している。院長が飲酒していた為大学病院に搬送が遅れた事。これは医療事故だと思います。
【2008/08/29 04:56】 NAME[ゆきの] WEBLINK[] EDIT[]
脳挫傷による見えない障害と闘いながら・・・
・・・自分は静岡県駿東郡在 住 先月40歳になりました。現在は建築現場監督休業してますが・18歳時、大学入学前に交通事故にて脳挫傷で1ヶ月意識不 明・・CT(脳のレントゲン)では、一時・脳が半分になった程でした。大学復帰したが、人からは分かりにくい障害持ち奇跡の復帰!大学では頑張りましたしかし.社会に出て絶えない苦 労ですが、楽観主義で闘ってます!よかったら自分のブログも事故発生の始めから読んでやって下さい。尚、ブログには、当時の写真・面白い・可愛い・画像・動画ありますので、時あれば、楽しんで見てやって下さい。<m(__)m>拍手及び左下のボタンをプチプチして下さったら幸いに感じます・
【2008/09/02 20:57】 NAME[智太郎] WEBLINK[URL] EDIT[]


コメントフォーム
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード
  Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字


トラックバック
この記事にトラックバックする:
福島大野病院事件から2年
『我々は福島大野病院事件で逮捕された 産婦人科医師の無罪を信じ支援します。 』 2006.2.18 この日は、医療関係者にとって...
WEBLINK[URL] 【2008/02/25 22:59】


忍者ブログ [PR]
カレンダー
09 2017/10 11
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
フリーエリア
最新CM
[07/14 mw]
[05/14 小山 昌義]
[05/14 小山 昌義]
[05/14 小山 昌義]
[04/30 小山 昌義]
プロフィール
HN:
trias
性別:
非公開
自己紹介:
twitterでもつぶやいています
バーコード
ブログ内検索
アクセス解析
アクセス解析
カウンター