忍者ブログ
医師不足は避けられますか? 国は何をし、地方はどうしたら良いですか? 医師はどうすべきで、患者は何を求めますか?
[20] [19] [18] [17] [16] [15] [14] [13] [12] [11] [10]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

医師の僻地勤務義務化について

少し考えてみます

「医師は多額の税金を投入されて養成された、いわば公共財。全国民に等しく医療を提供する義務を負う」

医学生一人当たりにかけられる税金がいかほどか知りませんが、卒業後数十年医療サービスを提供し、それでもなお足りない、還元できていないほど高額の税金が投入されているとは、寡聞にして知りませんでした。

また税金を投入した人材には「強制的」でも「本人が拒否」しようとも、居住の自由を奪ってまで、「奴隷的苦役」に就かせる事が可能な国家であるとは、寡聞にして知りませんでした。

日本国という民主国家で生きていく中、教育を受け、整った交通・医療インフラを受益している全国民に、等しく同様に、国の為に働く責務を負わせる事が可能になる、という点で徴兵制に踏み出すまであと一歩と言うところでしょうか。

「医師の資質・能力向上に僻地勤務は役に立つ。自発的に進んで行くべきだ。」

政治家は情勢不安定なソマリアあたりで、混乱回避のOJTでもして自らを磨いてきてはどうでしょうか。
自衛官に実戦訓練して来いと、ちょっと38度線をウロチョロして生きて戻って来いと誰が命令するでしょうか。
旅行会社に入社したばかりの新人に、一人で独立国家シーランドまで行って来て観光プランを練って来いと言うでしょうか。
産婦人科研修が始まって1か月にもならない研修医に、指導医前立ちなしで一人で帝王切開をさせるでしょうか。
それぞれがプロですから、独自の養成法で、独自のノウハウでその世界の流儀と実力を身につけていきます。
その世界を垣間見と事もない素人が、思いつきで「それがあなたの為だから」と、恩着せがましく提案し
しかもその背景にそう提案した人の利権が絡んでいて、納得できる人はいません。
人の命を預かって、訴訟の恐怖と闘って、自分と家族の時間が削られて、疲弊して疲弊して疲弊して。
そんな環境に人を行かせようとする時、そこには礼儀があってしかるべきだと考えます。


「公務員の教師・自衛官などにも転勤の辞令・命令があり、一般企業でも九州から北海道への配置換えはありうる事。医師のみが働く場所を制限・強制されるわけではない。」

少なくとも現在医師になっている人、この春医学部に入学する新1年生までは、僻地勤務義務の契約も、暗黙の了解も、何も国とも都道府県とも交わしていません。
来年度の新1年生から募集要項に書き込むのが良いでしょう。
それとも医学生イコール医師ではないとの強弁を持ち出して、来年の医師国家試験の受験要項に「僻地勤務義務」を書き足すでしょうか。
念願だった医師免許更新制を導入し、「更新には数年の僻地勤務を必要とする」と定めるでしょうか
開業・管理者の要件に「僻地勤務経験」を必要とするよう再度法案化を目指すでしょうか。
出来る事から始めてください。どこからも文句の出ないように、法案をしっかり作って下さい。
話は本当はそれからです。長い長い、憲法違反の訴えの争いの始まり
その間更なるアクセルが踏まれ、最高裁で判決が出るまでに多分完了してしまう医療崩壊の新しい始まりです。


それに
僻地勤務が義務化された後の事、国や地方はどこまで考えているのでしょう?
義務には権利で対抗するしかないのですから

労働基準法をしっかり守り、週40時間労働しか致しませんが何か?
当直明けはしっかり休ませて頂きますが何か?
リスクある症例は訴訟の火種になりますので、この病院では診られませんが何か?
「救急外来の当直は通常勤務扱いとして頂きますが何か?
産休、育休は規定通しっかり取らせて頂きますが何か?
年休は全て消費させて頂きますが何か?

そんな医者は言語道断だと、怒りますか?
今まで奉仕の念で支えられてきた現場に、義務と言う力を持ち出して
それに正当な権利で対抗する事に、逆切れしますか?

それとも、そんな権利を行使できないように新たな法で医師を縛りつけますか?

専門家がこぞって「それは違う」と反論しても、無実の医師を逮捕して何も反省しない現状なら

それならいっそ

このまま崩壊してしまえば?

と思う医師が増えても仕方がないです

PR

コメント
無題
勤務医 開業つれづれ日記さまのところから参りました。もう仕方ないですね。かなりやりきれません。。。。
【2007/03/29 21:00】 NAME[僻地の産科医] WEBLINK[] EDIT[]


コメントフォーム
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード
  Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字


トラックバック
この記事にトラックバックする:
医療崩壊を防ぐために..。*♡
ここ毎日のように医療崩壊のニュースが飛び込んできます。   ↓引用しますと、 産科崩壊が一面に! 元気に明るく生きて行ける社会のために、医者のホンネを綴りたい 2007.03.27 コメント...
WEBLINK[URL] 【2007/03/29 20:59】


忍者ブログ [PR]
カレンダー
09 2017/10 11
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
フリーエリア
最新CM
[07/14 mw]
[05/14 小山 昌義]
[05/14 小山 昌義]
[05/14 小山 昌義]
[04/30 小山 昌義]
プロフィール
HN:
trias
性別:
非公開
自己紹介:
twitterでもつぶやいています
バーコード
ブログ内検索
アクセス解析
アクセス解析
カウンター