忍者ブログ
医師不足は避けられますか? 国は何をし、地方はどうしたら良いですか? 医師はどうすべきで、患者は何を求めますか?
[21] [20] [19] [18] [17] [16] [15] [14] [13] [12] [11]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

医師不足と言うけれど

医師は不足しているのではなく、「偏在」しているだけだという論理
何度も聞く機会があります。
つまり「資源」はあるけれど、その「有効活用」がうまくできておらず
「力点配分」が出来ていないという論理でしょう。
それはそれで聞く部分はあります。

「有効活用」ではなく「無駄遣い」
それが医師不足の一因では確かにあります。

一人も医師がいない地域と対照的に
医師が溢れ、貴重価値など存在せずに
医師の仕事をする事無く、時間が流れて行く場所があります。

医師にしかできない仕事をする
医師にしかできない実力を身につけて、医師不足の地域で力を発揮する
医師不足の現状で、少しでもそれを緩和するには
大前提の事です
ですが、医師が溢れている中で働く人達にとって
それは別世界の事として、いつまでも医師が供給され続けると信じている人達にとって
周りの医師とは、医師不足と騒がれている世間における医師ではなく
以前と同じ、周りにあふれる医師に過ぎないと、そう思って仕事を続けている人達がいる事も事実です。

末梢静脈確保も出来ない看護師。医師は確かにできます。ですがそのおかげで資源が減少します。
医師に時間外の採血をさせる看護師。医師は確かにできます。ですがそのおかげで資源が減少します。
医師に採血の検体ラベルを貼らせる看護師。医師も確かにできます。ですがそのおかげで資源が減少します。
医師に点滴伝票を毎日出させる看護師。医師も確かにできます。ですがそのおかげで資源が減少します。
医師にレントゲン写真を取りに行かせる看護師。医師も確かにできます。ですがそのおかげで資源が減少します。
医師に輸血のパック交換を深夜でもやらせる看護師。医師も確かにできます。ですがそのおかげで資源が減少します。
医師に時間外の薬を薬局まで取りに行かせる看護師。医師も確かにできます。ですがそのおかげで資源が減少します。
定期の手術でも5時になると手を下し、器械出しを医師にさせる看護師。医師も確かにできます。ですがそのおかげで資源が減少します。
化学療法の薬剤を全て医師に詰めさせる薬局。医師も確かにできます。ですがそのおかげで資源が減少します。
患者のクレームにすべて医師に対応させる事務。医師も確かにできます。ですがそのおかげで資源が減少します。

資源が少ないと言いながら、困っている地域がありながら
湯水のように浪費しているところがあります。
「出来ない」のではなく「業務負担」になるから「しない」のだと
定時勤務の職種が24時間on callの医師に事もなくそう言います

大学病院

医師不足の中で、医師の医局離れを助長させる一因として
一度崩壊してみるのも良いかもしれません
PR

コメント


コメントフォーム
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード
  Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字


トラックバック
この記事にトラックバックする:


忍者ブログ [PR]
カレンダー
09 2017/10 11
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
フリーエリア
最新CM
[07/14 mw]
[05/14 小山 昌義]
[05/14 小山 昌義]
[05/14 小山 昌義]
[04/30 小山 昌義]
プロフィール
HN:
trias
性別:
非公開
自己紹介:
twitterでもつぶやいています
バーコード
ブログ内検索
アクセス解析
アクセス解析
カウンター