忍者ブログ
医師不足は避けられますか? 国は何をし、地方はどうしたら良いですか? 医師はどうすべきで、患者は何を求めますか?
[72] [70] [69] [68] [67] [66]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

「今はみんなが被災者なんです。」

救命病棟24時第3シリーズで、進藤先生が言っていた。

*/*/*/*/*/*/*/*/*/*/*/*/*/*/*/*/*/*/*/*/*/*/*/*/*/*/*/*/*/*/*/*/*/*/*/*/*/*/*/*/*/*/*/*/*/*/*/*/*/*/*/*/
3月11日の日中に起きた地震。
揺れる病棟、その後の停電。そして非常用電源への切り替え。
病棟内のパソコンの電源が落ち、NSTの遠隔モニタリングが止まり
病棟スタッフみんなが、ナースステーションから走り出し
各部屋を見て回った。
「大丈夫ですか?」「怪我はないですか?」「心配ないですよ。」
微量点滴装置の電源はきちんと入っているか、保卵器の電源は?
転倒している人はいないか?今病棟から離れている患者はいないか?
今手術中の患者の状況は?

確認する事は沢山あった。

師長が持ってきたラジオから流れる情報に、みんなが耳を澄ます。
「非常に大きな地震が・・・」
その間にも繰り返される余震。

院内に緊急対策本部が設けられ、各病棟の被害状況の報告を求められる。
電源が落ちたパソコン、何をするにも仕事にならない。
幸い落ち着いていた病棟にスタッフが次々と集まり、情報収集に努める。

ラジオから流れてくる情報に、事態が深刻である事を知り
スタッフも家族に連絡を取り始めるが、殆ど通じない。
夕方になると、病院から見える風景は暗闇のみ。
普段光が溢れる風景が、一変しているのを見て、更に心配が募る。
停電が広範囲に渡っている事、尋常ではない揺れであった事

みんな、心配で、家族に連絡を取りたくて、早く家に帰りたかったと思う。

自分達は非常用電源のある病院で、暖房が確保されている場所で、
人が沢山いるところで、TV/ラジオから情報を得られる状態であったけど
家族は、妻だけで、子供だけで、親だけで、暗闇の中どうしているんだろうと
思う人が、たくさんスタッフの中にもいたと思う。

帰す事が出来るスタッフを送り出した後も、院内には沢山のスタッフが残った。

家族と連絡がつかないままのスタッフも多く
ここよりも、もっと被災状況がひどい場所に、家族がいるスタッフもいる。

病院を離れると携帯が通じず、呼び出す手段がなくなり
院内でさえPHSが通じないため、真暗闇の医局か、ナースステーションに詰めて
いるしかなかった。

寒い、喉が乾いた、暗い、お腹が空いた、いつ直るんだ、明日からどうする?

どうしようもない状況で、ただ、万が一の事態に備えて、みんな待機していた。
*/*/*/*/*/*/*/*/*/*/*/*/*/*/*/*/*/*/*/*/*/*/*/*/*/*/*/*/*/*/*/*/*/*/*/*/*/*/*/*/*/*/*/*/*/*/*/*/*/*/*/*/

これが、地震直後の状態。
みんな医療スタッフとして、当然の事として、自発的に行った事。


今も前線で働く全国の医療スタッフ、自衛官、警察官、消防士などなど
被災現場で働くすべての方々
お疲れ様です。
みんな、同じような状況で、professionalの誇りと共に頑張っているのだと思います。

そんな方々の後ろには、その方々の帰りを待っている家族がいます。
その人達が長く現場で頑張れば頑張る程、残された家族は寂しい思いをしながらも
余震に脅えながらも、professionalの誇りと共に働く方々を支えるために
離れた場所で耐えています。

その方々の家族にも、どうか、どうか深い尊敬と感謝を。







PR

コメント


コメントフォーム
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード
  Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字


トラックバック
この記事にトラックバックする:


忍者ブログ [PR]
カレンダー
09 2017/10 11
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
フリーエリア
最新CM
[07/14 mw]
[05/14 小山 昌義]
[05/14 小山 昌義]
[05/14 小山 昌義]
[04/30 小山 昌義]
プロフィール
HN:
trias
性別:
非公開
自己紹介:
twitterでもつぶやいています
バーコード
ブログ内検索
アクセス解析
アクセス解析
カウンター