忍者ブログ
医師不足は避けられますか? 国は何をし、地方はどうしたら良いですか? 医師はどうすべきで、患者は何を求めますか?
[58] [57] [56] [55] [54] [53] [52] [51] [50] [49] [48]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

命を救えるのに救わない事

その事は非難されてしかるべきだと思います

ですが
救いたくても救えない事が多くあります

普段救えるabilityを持っている集団が
そのabilityを発揮できない状態にある時
その状態では、その集団は救うabilityを有していません

命を救えるのに救わないのではなく
命を救いたくても救えない状況です

ですが、そのabilityを有しているかは流動的な評価です
仮に医師個人が臨床能力として技能(art)を有していたとしても
その医師が属す集団がそのartを引き出す許容能力(capacity)を有していなければ
そのartはその状況において存在していないのと同義です

また医師個人が有すartも、その医師が不在若しくは疲労困憊によりfullの状態で
発揮できないのであれば、その集団に人を救うailityは存在しません

そしてその集団のabilityは、一人の患者が集団に呼び込まれる注ぎ込まれる事で
容易に消費されます
消費され、残されたabilityを配分し、病院全体として資源を回す能力が
病院としてのcapacityです

瞬間最大風速的な能力(potential)を以て病院の能力を評価しても
患者の受け入れ状況次第で、予備能力は半減、1/4、容易にゼロとなります
同じ技能を有した医師・スタッフが無尽蔵に補充されるなら、その能力は維持され
次々と来る搬送依頼に対応可能なのでしょう

ですが、マンパワーは有限かつ、現状において非常にpoorな状況です

本来望むべくは、資源が分配されたとしても、次の患者に余力を残せる病院の体制です
そしてそれが世間一般・マスコミが病院に抱く幻想です

ability,capcacityが流動的であるからこそ
retrospectiveに非難がなされます

あそこをああして、ここをこうすれば、
ほら受け入れ可能だったじゃないか!


その意見は非常に有意義なものではあります
その意見が本当に、現実的に、臨床的に、体制的に妥当であるならば
その意見は傾聴に値します

ですが、実際なされるretrospectiveな評価は犯人捜しに終始し
また稀になされる提案は、どこまでもあさっての方向を向いています

現状においてability,capacity、どちらも容易に「谷間」が生じるのが今の医療体制です
その逢魔が時に来る搬送依頼
来てほしくない時に、必ず来る搬送依頼
その依頼を受け入れ可能だと考えるのは、命に対する日本人の驕りとすら思えます

そこに救えない命がある事を、現在の日本人は受容できません
救えて当然だとの思いを捨てきれません

日本人の命に対する、安全に対する、国への純粋なまでの信頼が揺らいでいます
そしてその純粋なまでの信頼があったからこそ、裏切られたとの思いが強く
バッシングとなって出てくるのでしょう

そのような純粋な信頼こそ、医療を追い詰めた幻想であるかもしれないのに

救えない命がある事は悲しい事です
ですが、救いたくても救えない命が、今の日本ではあり得るのだと
そしてそれが世界で当然の事なのだと

どうして日本だけが例外となり得ると思えるのか
その答えを誰か持っていますか?
 

PR

コメント
国籍法改正案
定額給付金1万2千円、終了のお知らせです。
http://www.dotup.org/uploda/www.dotup.org24763.jpg

テレビのフィリピンの子供は、裁判をしなくても日本国籍が取れてました。
今どうでもいい報道の影で、汚染米輸入よりひどい法律が作られかけています。
血がつながってるかどうか判らない海外の子供(30歳)を、定額給付金で養いますか?

718万人が見てる国籍法改正案まとめサイト
http://www19.atwiki.jp/kokuseki/pages/30.html
クチコミで知った人の県別マップ
http://kokuseki.xrea.jp/db/map
国籍法第八条四 日本で生まれ、かつ、出生の時から国籍を有しない者でその時から引き続き三年以上日本に住所を有するもの

味方の政治家さんも動いてくれてます。
日本語が一文字も読めない人間に選挙権を与えますか?
あの時みんなが反対すれば、汚染米も入って来なかったと思いませんか?
国民主権を使えるのは、今しかないかもしれません!

大切に育てられたブログにコメントさせて頂き感謝します。
【2008/12/07 15:43】 NAME[国籍法改正案] WEBLINK[URL] EDIT[]


コメントフォーム
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード
  Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字


トラックバック
この記事にトラックバックする:


忍者ブログ [PR]
カレンダー
09 2017/10 11
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
フリーエリア
最新CM
[07/14 mw]
[05/14 小山 昌義]
[05/14 小山 昌義]
[05/14 小山 昌義]
[04/30 小山 昌義]
プロフィール
HN:
trias
性別:
非公開
自己紹介:
twitterでもつぶやいています
バーコード
ブログ内検索
アクセス解析
アクセス解析
カウンター