忍者ブログ
医師不足は避けられますか? 国は何をし、地方はどうしたら良いですか? 医師はどうすべきで、患者は何を求めますか?
[31] [30] [29] [28] [27] [26] [25] [24] [23] [22] [21]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

医師の効率利用とは

ある大学病院では時間外の手術は1系列のみで行う事を原則とし、
それ以外の手術には必ず器械出しとして、もう1人医師が参加しなければ
いけません
緊急帝王切開を行う場合、運が良ければ術者+前立ちの2人で可能ですが
「時間外なのでもう一人お願いします」
と器械出しの医師を確保する必要があります
どうしても3人以上の医師が必要になります
また広汎子宮全摘術が長引き、5時15分を回った場合、器械出し看護師に
代わり新たに器械出し医師が必要になります
その場合術者+第1,2助手の3人の他に必要ですから、計4人の医師が必要です

医師不足と言われます
産婦人科医不足と言われます
でも、こんなものです

月に10件以上のお産を扱う中堅の医師が器械出しの為拘束されます
仮に夜間に他の病院に応援に行けば、十分な戦力となる医師が
器械出しの為拘束されます
緊急帝王切開となれば最低3人が必要になる場合もある為、常に3人の医師が
拘束体制です
医局員が多数いて、十分なローテーションを組めるような超強力医局では
あまり大きな負担にならないでしょう
ですが、そんな医局、現在どの位あるのでしょう?

地域の病院へ応援に行く為、かえって病棟が手薄になる大学病院
大学に残った医師を産科、婦人科、内分泌などのグループを超えて掻き集め
ようやく器械出し要員まで確保して行う緊急手術

どう考えても効率が悪いのです

医師不足と言うけれど
本来医師以外が行う業務の為に、医師が拘束される現状はあまり改善されていません
そこに割かれる人員を、医師しか出来ない業務に回す事ができれば
もっと業務に余裕が出るのに
医師不足が今ほど深刻化していなかった時に出来た、暗黙のルール
それが医師不足の今でも生き続け、
今更ながらの業務負担を、他職種は受け容れようとはしません

「それは先生の仕事です」
「この時間からは先生がやってください」

それでも人員が回る時代はまだ良かったのです
ですが、それを本来医師の職務に専念するべき人々に、何の危機感もなく行わせ
それでいて医師不足を憂う状況は明らかに矛盾しています

医師に本来の医師の仕事をさせて下さい

医師以外に出来る仕事を医師に課し、拘束し、休息時間を剥奪する職場
本当に医師としての職務が出来る人材を求めながら、医師不足に嘆く病院が見たら
何と言うのでしょうか

PR

コメント
無題
時間外勤務をしているような医師にはなんの利益があるのですか?
それでなお医師をしている医師を衝き動かしているものはなんですか?
【2009/05/31 20:38】 NAME[3321] WEBLINK[] EDIT[]


コメントフォーム
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード
  Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字


トラックバック
この記事にトラックバックする:


忍者ブログ [PR]
カレンダー
09 2017/10 11
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
フリーエリア
最新CM
[07/14 mw]
[05/14 小山 昌義]
[05/14 小山 昌義]
[05/14 小山 昌義]
[04/30 小山 昌義]
プロフィール
HN:
trias
性別:
非公開
自己紹介:
twitterでもつぶやいています
バーコード
ブログ内検索
アクセス解析
アクセス解析
カウンター